人生100年時代の家づくり③

今日は、少しだけ寒さが緩みましたね。
何だか、ホッとします。

でもまだまだ厳しい寒さが続きますので
暖かくして過ごし、冬を乗り切りましょうね。


人生100年の家づくり、

二つ目は、


② Move


です。

これは、元気で動けなくちゃね!
って意味かと思いますが、

私事ですが、
うちの母は、去年90歳になりました。

現在、老人保健施設にお世話になっており
たまに自宅に帰ってきます。

2年ほど前に、
自宅で朝方トイレに行こうとして転倒し
大腿骨骨折から手術入院を経て施設に入所しました。

当初は、
もう寝たきりかも?と
覚悟をした時期もありましたが、


リハビリって、素晴らしいですね。


担当のお医者さん、
理学療法士さん、
介護士さん、
看護師さん、
に、本当に感謝です。


現在は、自分で着替えが出来るようになり
自信もついたのか、
当初からの目標である、
トイレに自力で行けることも、希望が出てきました。


e0390497_14554471.jpg

宙に浮いたトイレ。(レストパル)
満遍なく清掃が出来、キレイをキープしやすい。


「動くこと(Move)」


によって、
人は人らしくあるんだな、を目の当たりにしました。


トイレも自動化が進み、
センサーによって蓋の自動開閉や、
自動洗浄も標準となりつつあります。


これらは、発売当初
「人間がダメになる」
との意見もチラホラありましたが、
(何を隠そう、私もその一人でしたけど。笑)


不自由を抱える高齢者にとって、
自動開閉・自動洗浄は負担を減らし
自力で排泄をする大きな助けになります。


排泄こそ、
人間の尊厳において最も重要なことですから。


また、
段差なし(バリアフリー)もその一つ。


運動機能を低下させるという意見もありますが、
やはり、リスクや負担がなく動けることで、
重大な危険を回避する、メリットの方が大きいと思います。


e0390497_14562430.jpg

一直線につながった水廻り。
トイレ使用後も、洗面で手洗いをします。
サーモタイルの床は、濡れても安心。


高齢になった時のリスク回避だけでなく
小さなお子さんにも危険が少ないことと、


なんたって、
掃除がしやすい!


掃除って、体力を使いますからね。


キレイをキープしやすい家は、
動きやすい家でもあるんです。


続きます!

<全部あったかいお住まい見学のご案内>

⚫︎開催日 : 2018年2月17日(土)、18日(日)

⚫︎開催時間 : 午前10時〜午後4時(16時)

⚫︎開催場所 : 広島市安佐北区

⚫︎お申し込み : スタジオエンネのHP お電話、ブログのコメント蘭から

⚫︎電話番号 : 082-428-5893
    
        090-9736-5246(松下携帯:出来るだけ携帯にご連絡をお願い致します)

⚫︎お申し込みを頂いた方へ、現地までの詳しい地図をご案内致します。(郵送、もしくはメールにてご案内)

⚫︎ご案内状 : 現在制作中です。近日中に送付致します。

⚫︎駐車場 : 現地近くに数台をご用意致しますのでお車でのご来場が可能です。

⚫︎参加費 : 無料



<お住まい概要>

⚫︎構造 : SE構法(木造在来工法:2階建)

⚫︎長期優良住宅認定取得(耐震・温熱最高等級取得)

⚫︎性能・建設評価取得

⚫︎Q値 = 1.43W/㎡K(換気回数0.5回、0.3回時=1.26)

⚫︎UA値 = 0.36W/㎡K

⚫︎ηAC値 = 1.5

⚫︎C値 = 0.7㎠/㎡(減圧法・完成時)

⚫︎換気設備 : RKDR-KS(全熱交換型換気システム)

⚫︎冷暖房 : アメニティエアコン1台(ダイキン)

⚫︎設計 : 松下陽子(スタジオエンネ)+アールスクウェア ・特別協力:住環境labo

⚫︎施工 : 株式会社エヌテック



e0390497_17484180.jpg


[PR]
by enne009 | 2018-02-02 15:34 | Comments(0)

お気楽ライフを楽しむ家。


by enne009