ダメだったから見て欲しい「お気楽庵見学会」その①

今朝は氷点下約10℃となりました・・・

e0390497_19105628.png

とうとう朝から凍結のため水が出ない事態に・・・

少しだけ取ってあった水をちびちび使いました。(泣)

ああ、水が出るって、お湯が使えるって本当に有難い!

対策不足だったことを反省しきりです!

明日、明後日も同じような予報になっているため、
今晩は対策を講じますよ〜〜〜!!



来週末に控えた「KM5」の見学会へ、
お申し込みを頂きまして有難うございます。

ご案内状は、本日発送致しました。
ちょっと遅くなってしまい申し訳ございません。m(_ _)m

まだ受付中ですので
皆様のお申し込みをお待ちしております。


さて、話は変わります。

朝方は-10℃、日中の最高気温が1℃程度という極寒が続く毎日、

Q値=約2.7W/㎡K 程度(次世代省エネ基準レベル)、
(断熱材はウールブレスを105ミリ充填、試験的に採用)
樹脂とアルミの複合ペアガラスのサッシ

で、
7年前にリフォームを行ったうちの家ですが、

この寒さでは
「光冷暖」(2台)
の暖房能力では追いつかなくなってしまい、
ついに、一度は仕舞った灯油ストーブを再登場させました。


7年前は、張り切って、頑張って、やったつもりでした。
が、
時の経過と共に、
住宅の性能はみるみるうちに飛躍的に進歩して、

サッシも樹脂製トリプルガラスが標準になりつつあり
すでにクワトロ(4枚ガラス)も登場しようかというところまで来ています。


今や、特に新築では

Q値=2.7

って、ありえないですもん。

2.0 を切って当たり前、
(1.9以下でないと補助金対象になりませんし)
1.5以下を目指すのが普通になりつつあります。


スタジオエンネもっと先へ進もうとしています。


私の自宅のリフォームは、
「断熱リフォーム」
として実施しましたから
それでも当初は、
「あったかくなった〜〜。」
(夏も涼しくなった〜〜)
と、皆で喜んだんですけどね。


今、振り返って反省する点は多々あります。


最大の反省点は、

「気密」(気流止め含む)

が、ほとんど取れていないと思われることです。

コンセントから、ビュービューを隙間風が入ってきますもん。(泣)


不要な壁を取り除いてオープンにしたプラン、
キッチンを含む造り付け家具、
杉の床、

など、手前味噌ながら良かった点もありますが、


あっ!そうだ、

ダメだったところを見てもらおう、


と、思い付きました!

いわば、「うちの家(お気楽庵)」は反面教師なわけです。
成功例も参考になるんでしょうけど、
うちのように、ここはダメだった〜、
なところを公開することも、すごく参考にしてもらえるんじゃないかと。

だから、ここはこうしないとこうなりますよ!
って、ね。

時期ですが、
まだ、寒さの残る3月を予定します。


日時が決まりましたら、お知らせしますね!


e0390497_19350171.jpg

リフォーム竣工時のうちの家”お気楽庵”。↑

実は暮らし方も随分変わりました・・・。

次回は、だから「KM5」ではこう提案して取り入れて頂きました、
も含めてご紹介します!

お楽しみに〜〜〜⭐️


[PR]
by enne009 | 2018-02-07 19:49 | Comments(0)

お気楽ライフを楽しむ家。


by enne009
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31