ダメだったから見て欲しい「お気楽庵見学会」その⑥ & 風水

やれやれ、久しぶりにぬるい?と感じる朝でした。

寒いと、肩に力が入って凝る””感じがありませんか?
今朝はそれがなく、氷点下から脱出したのでは?
と、思ったら、
やはりそうでした。
(午前6時で、0.4℃でした。)

e0390497_20544892.jpg

こちらの写真は、ファッション誌として有名な
ELLE」(ELLE DECOR:エルデコール)
のサイトからお借りしてます。

基本的には、あまりイメージに走りすぎず、
雰囲気に流されすぎないように
を信条とし、

「にせ医学バスター」として有名な
を愛読する私ですが、

こういう記事 ↓ には、つい、しげしげと見入ってしまう小心者です。



e0390497_20545600.png

の一つです。(汗)

風水は、お客様からのご希望でよく出る話題の一つでもあり
家相共々、基礎知識は持っております。

有名なのが、
「西に黄色で金運アップ」(by Dr.コパさん)
ですね。

このELLEの特集をじっくり読むと、
運気が上がる寝室の作り方は、
実に理にかなっていて、
しかも私が推進する寝室作りと合致しています。

上の記事の文字が小さくて恐縮ですが、
リンクをぜひご覧下さいませ。


寝室で大切なのは、ぐっすり眠れることですね。
(人生100年の家づくりでもご紹介)

それには、頭の位置が重要です。


「ベッドボードが壁にぴったりつくこと」

「ベッドが扉と一直線になっていないこと」


これらの意味するところは、
”空気の流れ”かと思われます。

窓下に頭があると、冬場は冷気が降りてきますし、
ベッドの並びにドアがあると、
開閉のたびにやはり冷気が(顔や頭に)当たります。


いずれも熟睡を妨げます。


上に貼った写真は、ちゃんとベッドボードが壁にあります。


理に叶っていますね。


ニュートラルカラーも、
確かに落ち着いたインテリアとなって
リラックスできそうですし。


風水や家相を信じるかどうかはさておき、
振り回されない程度に楽しんで取り入れるのは賛成です。
(西に黄色もほどほどでしたらOK!)


「KM5」
の寝室もこの通りになっています。


では、ひるがえって「お気楽庵」はどうかというと・・・


頭には窓がありませんが、
大きめの窓が横にあるため温熱環境的にはあと一工夫、ってとこですね。


温熱も建築も、物理や科学、工学であり、
リクツで成り立っているもので、
建築には確かにそういう一面があります。


ただ、わかっちゃいても
そればっかりではつまらないのが人間というもの。

寄り道、ゆらぎ、脱線・・・

の部分も欲しい、わけですよ。
そこが面白いわけで。


建築の本質である、
「シェルター」
な部分をしっかりと担保した上で
らしく楽しむ、のがオススメですね。


ところで、「見学会」と題しながら
ご案内がなく、すみません!


今週末の
「KM5」
見学会がまずは大事。


お気楽庵の見学会については
週明けに、日程をご案内いたします!




[PR]
by enne009 | 2018-02-15 09:13 | Comments(0)

お気楽ライフを楽しむ家。


by enne009
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31