先駆者に学ぶ。(アーキテクト工房pureさん訪問記)

今朝はちょっと肌寒い朝になりましたね。


空が曇っている理由が気になりますが、
お出かけされる方は楽しんで来て下さいね!


さて、私も先週末にお出掛けしてきました。

出かけた先は・・・

「アーキテクト工房pure」さん

です。


e0390497_08433611.jpg

モデルハウス兼事務所です。↑
(もちろん、パッシブハウス認定取得物件です。)


愛媛県松山市を拠点として、
パッシブハウス、もしくはそれに準じた家づくりをされている
先駆者的会社さんです。


私のブログをご覧頂いている皆様には
「また行ったの?!」
かもですね。(笑)


はい、そうです。(キリッ)



終日肌寒い雨天の日でしたが、
毎度、安定の快適さ。


e0390497_08551475.jpg

外気温が9度前後の雨天で、無暖房状態でこの状態です。↑



しっかりと断熱気密がされた空間は
上下左右の温度差がほとんどなく、
過剰でも不足でもない設備でそれが実現されています。



今回は建築中の現場を見せて頂くのが一番の目的でしたが、
現場もさることながら
高岡社長様のお話が一番タメになりました。


超ご多忙の高岡社長様を拘束し
(すみませんでした!)
モデルハウスに座り込んで長々とお話をしましたが、
ちっとも寒くも暑くもない、
特に”何も感じない”わけですよ。
やっぱり、いいわ、この環境。


これからやろうとするときに、
すでに実績がある会社さんに学ぶのはセオリーですね。


試行錯誤を重ねてより良く進化させていらっしゃるからです。


今回も現場で、
えっ!と驚く手法があったりと、
場数を踏んだからこそが反映されている現場に、唸りました。


また、断熱や冷暖房の手法を一つに絞るのではなく、
現場によって最適なものを使い分けるというのも
それだけの情報を知識と、経験、そして明確な目的があってこそ。


人も違えば、予算も違う、土地も周囲の環境も違うわけで
全くもって納得です。


紙の上の計算だけでなく、
それをいかに現場で実現するか、が本来の目的です。


私が1月に受験した「省エネ診断士」の試験を
ピュアさんの現場を手がける大工さんにも受けて頂いたということを聞いて
超びっくり!でしたが、
考えるまでもなく、大事なことですね。


家づくりに関わる皆んなで同じ目的に向かうことは
とっても大事です。


だから、ピュアさんの現場はハイレベルな工事が実現できていらっしゃるわけです。


う〜〜〜ん!
やっぱ、素晴らしい!!


変に隠すわけでなく、
どうぞとオープンになんでも見せて
どんな質問にも快く答えて教えて下さる
度量の大きさにも毎回頭が下がります。


高岡社長様、スタッフの皆様、
いつも有難うございます!


またよろしくお願い致します!!


(実は午前中に書き上げたものでしたが、
エラー状態が続いていたため、更新は夕方となってしまいました。m(_ _)m)


[PR]
by enne009 | 2018-03-18 17:14 | Comments(0)

お気楽ライフを楽しむ家。


by enne009