新しい家づくりが始まります。(口田南7project)

桜も満開ですね。
お陰様で、厳しかった冬の寒さもすっかり忘れてしまいました。

うちの近所では、満開まであと少しというところ、
もう少し桜が楽しめそうです。

しかし・・・
歓迎される春の花々と違い、
「また今年もか・・・」
と、苦々しく思ってしまうのが、雑草。(笑)

なんであんなにしぶとく元気なんでしょうか!?(^^;)

抜いても、刈っても、薬を巻いても、
生えてくるという・・・。

そのど根性は人生訓として見習う点があるとしても
歓迎する気持ちにはなれないのが正直なところ。

マメに庭のお手入れ(雑草抜き)をしない怠け者な自分が悪いのですが、
そこはちょっぴり反省しつつ

しかし!今年は雑草君に対し対策を立てて、
きっちり対抗したいと考えています!!




さて、こちらは
来月(もう、明後日から”来月”こと4月ですね)から現場がスタートする
赤嶺住建さんの敷地です。

e0390497_07582767.png


広島市安佐北区口田南7丁目の
古い住宅街の一角です。


広い敷地なので、計画がカンタンだったと思いきや、
意外と苦戦しました。


方位の振れ方や、進入路の具合、もあって
配置が一番悩ましかったですね。


どういう計画になったかは、またおいおいお伝えします!


赤嶺社長さんとは、ひょんなことで知り合ったのですが、
思わぬびっくりするようなご縁もあり、
お仕事を手伝わせて頂くことになりました。


現在は、建売住宅の分譲や、不動産業を営んでおられますが、
もともとは、マツダの技術者でいらしたこともあって

「住宅の高性能化」

には、以前から興味を持たれていたそうです。


建材メーカーさんにお聞きすると
現在、建売業界でも住宅の品質向上、
高性能化は徐々に確実に進んでいるとのこと。


「建売り」
というと、先入観から
”安かろう、悪かろう”
のイメージがあるかと思いますが、
いやあ、(そんな会社さんもあるかもしsれませんが)
そんなことはないですよ!


私も注文住宅業界にずっとお世話になっており、
建売業者さんとは接点がなかったこともあって
いいイメージはありませんでしたが、


私の中では、建売業界は中古車業界と似ているなと感じていて
「怪しい」
(笑)
が、まずイメージとしてないですかね?
私はありました。


しかし、時代は動いていますね。
「多忙で、家づくりに時間を十分に取れない。」
ことで建売住宅を選択される方もいらっしゃるわけです。


しかし、立地だけでなくデザインも、品質、そして性能にもこだわりたい
今回の計画はそういう方に向けた提案でもあります。



今後は、注文住宅と徐々に距離が近くなっていくのではないでしょうか。



で、「口田南7」です。


いつも柔和な社長ですが、
今回の「口田南7」の計画にあたっては、
社長と議論になった点もあります。
(でも、議論をしていても社長は柔和でいらっしゃいます。)



社長には社長のお考え、
私には私の考えがあり、
距離があった部分は、納得がいくまで話をしましたし、
疑問点は社長が自ら調べて確認をされるなどして
現在の計画に辿り着きました。



すごいなぁ、と思ったのが、
社長ご自身でこれがいい、と決めていらっしゃったことであっても、
疑問を呈すると、
再度調べなおし、修正されたこともありました。


もちろん、私がすべて正しいわけではありません。
社長のお考えに触れ、私が修正をした点もいくつかあります。



求める結論は同じ。



「住まう人に喜んで頂くこと。」



です。
躯体や窓の高性能化はその一端にすぎませんが、
快適性の向上や、省エネルギーに寄与するため、
重要なひとつです。



これまで手掛けられた住宅より
”一気に”グレードアップするわけですから
変わる点も多々あります。


が、やろうと決めることが一番大事。


向かう先が決まればそこに向かって進むだけです。


向かう道は”方法”(どういう工法、建材、設備を使うかなど)になりますけど、
それは大事なことであっても本質ではありません。



向かう先こそが本質です。



これからも”より良い方向を求めて”議論になることがあろうかとは思いますが、
向かう先の本質である
「喜んで頂ける家」
にするため、
下手な妥協な無し!でやっていきたいと思っています。



今後ともよろしくお願い致します!


[PR]
by enne009 | 2018-03-30 09:16 | Comments(0)

お気楽ライフを楽しむ家。


by enne009