オシャレに暮らそう?!その4

いや~、今日も暑いですね!

しかし、朝からご近所のお子さんたちは元気いっぱい!
強い日差しに気をつけつつ、夏を楽しんで下さいね。



さて、オシャレに暮らそう?!の最終回です。

ご新築での家づくりをされる年代は、30代が多いのではないかと思います。
30代は、世間の流行のど真ん中!
でもあります。

つまり、この年代に流行っているものは”売れ筋”というわけです。


今だと、
そうですね、相変わらず人気が高い北欧デザイン系?
デザイナーハウス?


でしょうか?


ファッションほど目まぐるしくはありませんが、
住宅にも、流行の影響はあります。


で、30代で自分たちが好みのタイプで建築したとします。

その住宅に80代(人生を全うする)まで住むとして
30代の、その当時の流行の感覚で作ったものは、どうなっているんでしょうね?


自分達も年齢を重ねますし、
世の中も移り変わります。


あんなに好きで確かに似合っていたインテリアなのに、
何だかしっくりこない・・・・・


これは、ファッションの悩みと同じです。


20代、30代、で「これさえあれば!」の鉄板だったコーディネートが似合わなくなる。


そこで、資金的余裕があれば、リフォームですね。


水回りも20年を超えるとそろそろ替え時を迎えますから、
それに合わせて、今の自分に合ったインテリアに変えるのもいいですよね。


ずっと好みが変わらない方は別として、
概ね、時代の影響もあり、自分の変化もありますから
長い期間を経ると、どことなくミスマッチ感は生じるものです。


その時にどうするかなんですが、


先ずは、最初から後の時代の変化に対応しやすいよう、シンプルに作っておくのが一つ、
でも、今を楽しみたいから”今”に合わせて思いっきり作り、その後大規模に変えるのが一つ。


後者は確かに後々お金はかかりますけど、
アリとキリギリスじゃありませんが、
好きなものを選択して、人生を謳歌するのもいいと思いますよ。



そこはお金の使い方と、人生観ですね。



あるお客様のケースをご紹介します。


その方が最初の家を建てられたのは、30歳になって間もないころ。
流行りのカントリー調のデザインで統一されたイエローの外観と、
アーリーアメリカン調のポストが可愛くて、
白とダーククラウンを基調としたインテリア、
2段フリルのレースのカーテンまでトータルバランスも取れており
大満足の出来でした。


しかし、時は流れ10年が経過した40歳を迎える頃、
すっかり好みが変わった自分がいました。


あれほど好きだったカントリー調から、シンプルで洗練されたデザインへと好みが変わり、
着るものから食器類まで総変わりしていたほどです。



リフォームも考えましたが、
寒かった(当時の断熱では不足だった)こともあって
総とっかえするほどであることに気づき、結局、住み替えを選択されました。


e0390497_10563694.jpg


e0390497_10563949.jpg



オシャレに無頓着な方は案外気にならないのかもしれませんが、
ご自分の好みに敏感で、好みの空間にいごごちの良さを感じるタイプであるのなら、


合わないデザイン、インテリアなどは苦痛でしかないでしょう。


そうならないために、
私がおススメしたいのは、やっぱり、





シンプルに作っておくこと


です。


この場合の重要なポイントは、
「素材にはこだわる」
ことですね。


安いからと安易に新建材にせず、
出来るだけいい素材を使ってください。
(ただし、水回りなどは機能性重視がいいですね。)
いい素材は時の変化があっても、味わいを増すことで応えてくれます。


あとは、家具類やファブリック(カーテンなど)、小物系で好みを演出して下さいね。



資金的に余裕があれば、ある方のように住み替え、
お建て替えも選択肢でしょうけど、
後になるほど資金的にも、精神的にも結構厳しくなります。



多くの方が一生に一度だからこそ、
張り切って自分好みにされたいお気持ちは重々理解できますが、
自分も時を重ねることでより成長するんですよね。



家づくりは簡単ではありません。
時間も、コストもかかりますし、精神的にも負担が大きい。


みんなで力を合わせて作った家だから
ずっと大事に使ってもらいたいし、
ずっと好きでいて欲しい。



今の自分ど真ん中!



ってホントにいいのかしらん?
と、考えてみて欲しいですね。



古い洋服を処分する際に、
手に取って時代錯誤感にビックリ!


「あの時、こんな服を着てたんだ?!」


って、
その時々で買い替えが出来るファッションですら、
変化に驚き悩み多きことなんですから、


基本の白Tシャツ一枚だって、
時代に連れてパターンが変わっていますしね。


ましてや簡単には変えられない家は、
後々もっと大きな悩みとなるかもですよ?!






どんなお住まいをご希望ですか?の質問に対し、
寒くない家がいいです、とおっしゃる方が多いですが、
ここ最近は、”暑くない家”のご希望も増えてきました。

暑くない家は、「ぐっすり眠れる家」でもあります。

元気をチャージするのは家の本質、夏バテ知らずの家にしませんか?

スタジオエンネでは、下記の予定で家づくりのご相談会を開催いたします。


●開催日 : 8月4日(土)、5日(日)

●開催時間 : 午前10時~午後4時

●開催場所 : スタジオエンネ(東広島市)、もしくはご指定の場所(ご自宅など)

●参加費 : 無料

ご相談をご希望の方は、
スタジオエンネHPのお問い合わせフォームから、

もしくはお電話でご希望の日時と、場所をお知らせください。

電話番号 : 090-9736-5246(松下携帯)

お問い合わせフォームからのお申し込みの場合は
追って松下より返信をさせて頂きます。


☆スタジオエンネのHPは、こちらからどうぞ!☆
 


[PR]
by enne009 | 2018-07-26 12:00 | 快適への道 | Comments(0)

お気楽ライフを楽しむ家。


by enne009