人気ブログランキング | 話題のタグを見る

守ってあげたい。その6

まだ9月の半ば前というのに、肌寒くてびっくりですね。

今日は、久しぶりに日差しが戻ってきましたが、
気温はやや低めで、長袖の方を見かけます。

毎年9月は「夏」と認識していたので、
こういう年もあるのか・・・ですね。

本当に自然は分かりません。



さて、守ってあげたいの最終回です。

ウッドステーションさんが始めた大型パネルの事業ですが、
直接お客様と接する自分(私)にとって、
大きな視野に立った展望も大切ですが、

もっとリアルなことが解決できるのでは?と
思っています。

何回か書いたので、繰り返しになりますが、


「ご近所様」


にとって、工事現場はウザいだけ。(笑)


音も、見知らぬ人の出入りも、職人さんの傍若無人なふるまいも、
全部ウザい。


自分が工事をする立場になるかもしれないのに、
でも、気持ちとしてウザいことには変わりません。

それぞれ皆さん普通に暮らしている分には、
平凡で差しさわりのない人であっても、
工事に対する人の気持ちってそんなもんでしょう。

と、私は思って現場に臨みます。


近隣の方にとって
山ほどあるウザいことだらけの中で、
最大のことは何かというと、




「ゴミ」



ではないでしょうか?


守ってあげたい。その6_e0390497_14165888.jpg

安佐南区口田南の赤嶺住建さんの上棟後間もない現場。(6月ころ)↑
トイレの横にあるのがゴミです。


音、も甲乙つけがたい?ですが、
タバコのポイ捨てを含むゴミがナンバーワンと考えます。


大手ハウスメーカーさんや意識高い系の工務店さんが、
現場を異常なまでに整理整頓し、
ゴミを分別して、ゴミ箱にフタまでしているのは、
おもに近隣対策のためだと思います。


木くずやホコリの一片だって、
自分ちの敷地内に来るのはいい気分はしません。


広島の某市役所で聞いた、

「近隣同士の苦情ナンバーワンは落ち葉」

は、工事現場でいうと、ゴミではないでしょうか。


しかし、全くゴミを出さないのは非現実的ですから、
極力減らすことが最善の策ですね。


あと、現場で作業をする大工さんにとって、
一日の終わりにする仕事と言えば、
「掃除&片付け」
です。


翌日の作業のために必要なことですが、
これも、清掃作業時間が少なくなるのであればその分大工仕事としての
作業時間が増えます。


プレカット化され、上棟時(建て方)の際のゴミはそれでも
昔に比べると、かなり減りましたが、
パネル化して防水までできてくるわけですから、
現地でセッティングすることで、さらにゴミが減らせます。


ゴミが減れば、処分費も減らせます。
(そもそも捨てるのにお金が掛かること自体、
仕方ないとはいえ、嬉しくはない・・・。)


ゴミは、ほとんどの場合外においてあり、
保管状態によっては、
「これって、危ないのでは?」
というものもあります。
(木材など、可燃性のものを含む)


近隣から見ると、保管状態の悪いのも気になる点ですね。


こういうところで、
会社の”意識”(社会常識も含む)を判断される場合もありますし。


ホントに、ゴミは少ないに越したことがないのです。


戸建て住宅の工事期間は、準備を含めて約半年とちょっとあります。
そこでの現場の在り方が、
住まい手の入居後の暮らしを(一部)左右すると言ってもいいくらいです。



敷地は必ず隣家と接しているもの。


近隣様も守ってあげる気持ちは、即ちお客様(住まい手)を守ってあげることなのです。


現場の工事をどう運営するか、
現場監督さんに丸投げでなく、
設計者も計画時から考える必要がありますね。




☆スタジオエンネのHPは、こちらからどうぞ!☆




by enne009 | 2018-09-11 14:19 | 快適への道 | Comments(0)

身軽に暮らせる家を提案します。


by enne009
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31