私のキッチン・その2

今日は、しとしと雨が降っています。

湿度が高くて洗濯物が乾きにくく、
頭を悩ませていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

湿度って、多くても少なくても困りもんのため、
丁度いい状態をキープするのが難しいポイントではあります。



さて、私のキッチンの2回目です。

キッチンは、とにかく毎日使いますよね。

3度の食事はもとより、
ちょっと手を洗うとか、
花瓶の水を変えるとか、
大なり小なり、暮らしに大活躍な部分です。


キッチンを計画する際に重要なポイントは、3つ。


1.使い勝手

2.デザイン

3.収納


ではないでしょうか。


1と3は多少重なる点もありますが、
ここでは分けて考えます。


先ず、1の使い勝手についてですが、
使う人によって”勝手の良さ”は違ってくるため細かく言うとキリがないので、
大体皆さんに共通する部分を取り上げたいと思います。


毎日使う時間が長いと、出来るだけ無駄なく動けて、
ストレスがない計画が必要です。


それには、「寸法」が重要だと思います。


大きすぎても小さすぎても、
広すぎても狭すぎても、
長すぎでも短すぎでも、
ダメ。


よくあるのが、
賃貸の狭さに心底うんざりしていた、
複数(ご夫婦とか、お子さんと一緒になど)で料理するから、




スペースを広くとって欲しい。



をご希望の場合ですね。


広く(長く)なればそれだけ移動距離も増えるわけですから、
動きも多くなります。


また、複数で使うから、のご希望でよくある
キッチンと背中合わせの収納側までのスペースを広くとりたい
についても同様で、


広くなると、その場で振り返れば手が届くところが、
”1歩”踏み出さねばなりません。



e0390497_10103097.jpg



毎日の繰り返しの作業で、
この”ちょっとの1歩”が、無駄な動きなんですね。


アイランド、対面、I型など、
キッチンのスタイルがどうであれ、


キッチンと背中合わせの収納側までの距離は、


80~85センチ


が、概ね適切でしょう。


e0390497_10103491.jpg


キッチンは、
給排水や電気と繋がっており
一度設置すると動かせない設備です。


とにかく広くして、伸び伸び使いたい!


気持ちは重々分かります!


分かります!
分かりますが・・・


イメージだけで寸法を決めずに、
出来れば、ショールームや実際に使われているお住まいで確認するなどして
適切な寸法をチェックされるのが
おススメですね。


そういう意味では、いつでも誰でもお気軽に利用できる
メーカーさんのショールームって便利です。


寸法もそうですが、
最新の設備も見て判断材料に出来ますし


利用、いや、させて頂かない手はないですね。


続きます!



☆スタジオエンネのHPは、こちらからどうぞ!☆




[PR]
by enne009 | 2018-09-21 10:14 | 快適への道 | Comments(0)

お気楽ライフを楽しむ家。


by enne009
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31