私のキッチン・その3

早いもので毎晩虫の声が聞こえる季節になりました。

庭の雑草が絶好調?だからか、
今年の虫の声は特にクリアに聞こえるような気が・・・

三連休の中日ですね。

昨日はさすがに道路が混んでいましたので、
皆様、お気をつけてお出かけ下さいませ。



さて、キッチンの3回目です。


「デザイン」


は、キッチンを選ぶ上でもとっても重要です。


このデザインとは、キッチンスタイルのことではなく、
色、形、などの”スタイリング”が主な意味です。


以前、ある奥様とキッチンの打ち合わせでのこと、




「元気が出る色がいいな。」



と、おっしゃって明るい暖色系にされたことがあります。


ショールームに行くと、
やはり、
カラフルな色が目につきますね。


注目を集める”展示”目的ですから、そりゃそうだ。


色でいうと、「白」が一番人気ではないでしょうか?
部屋が明るくなりますし、
家電や食器など、他の色との組み合わせがしやすいですよね。


私がおススメするのも、やはり”白”が多いです。


e0390497_10103491.jpg


他とのコーディネートがしやすい上に
最低でも20年くらいは使うことになりますから
飽きが来ない色であることも理由です。


ただ、
キッチンを使うのに”気分”ってとっても大事ですから、
赤、黄色、青、黒・・・
20年以上使うからこそ、
上記の奥様のように
ご自分のお好きな色を選択されるのがいいと思います。


「でも、悪目立ちしそう・・・」


って思いがちですが、


キッチンはLDKの中で、そこそこ面積が広いので、
選択する色の影響は大きいようですが、
キッチンのスタイルによっては、見える部分が意外と少ないため、
そうでもないんですよ。


あと、デザインと言えば形(スタイル)ですね。


これも好みの世界ですから、
スタイリッシュ系もよし、なごみ系(今は少数派かな?)もよし、
家全体のテイストと合わせてぜひ楽しんで下さい。



デザイン = 印象を左右する大きなポイントとして、
素材があります。



キッチンは、水を使うところなので
耐水性のある素材が一般的です。


ステンレス、メラミン、ホーロー(タカラスタンダード)、
人工大理石など。


ちょっと前までは、
ツヤ無しのマットなものが多かったようですが、
今、光沢があるものも復活していますね。


私も、ハンドルなど部分的に光沢があるものをチョイスしています。




「ツヤ感」


は、華やかさと清潔さを感じさせ、
気分が上がるんですよ。


画像のキッチンは、天板(カウンタートップ)が
光沢のある人工大理石です。


キッチンを使う人が機嫌よく使えるために
デザインがある。


ってことですね。




☆スタジオエンネのHPは、こちらからどうぞ!☆




[PR]
by enne009 | 2018-09-23 08:55 | 快適への道 | Comments(0)

お気楽ライフを楽しむ家。


by enne009
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31