自然との付き合い方を考える。 その2

明日から母が施設から帰ってくることもあって、
あれこれ準備をしておかなきゃ!です。

一部車いすでの移動があるため、お天気がいいと有難いんです。

でも、最近、いろんな場所でフロアはバリアフリーが実施されており
凄く助かります。
あとは、欲を言えばトイレかなー。

トイレ、トイレは大事です。はい。


さて、自然との付き合い方の2回目です。

家で関係がある自然と言うと、
「植物」
が主ですね。

これが、人の思惑通りにならないのが難しい。

生命力って、ホントに凄いというか、
(特に雑草と言われるやつは)
手に負えない部分もあります。


雑草に関しては
肥料も水もやっていないのに、
勝手に生えてきて
真夏の強烈な日射もなんんその、
ぐんぐん成長し、
いつの間にかデカい顔をしてのさばっている、
しかも、許可をしてないのにどんどん陣地を広げてるじゃん!


誰の許可を取ってるんだよ!


こんなイメージです。
(^^;)


人生の教訓的には見習うところがあるにせよ、
自宅というリアルライフにおいては
歓迎したくありません。



見栄えも大事だけど



自分達の力量を見極めるのが大事。



つくづくそう思います。


家づくりをしている立場からすると、
カッコよくステキにしたいのが本音。


それには、バランスの取れた植栽は欠かせません。



e0390497_10542059.jpg

こちらは「桂離宮」。↑
建築の素晴らしさを庭園がさらに引き立てています。

当たり前ですが、巨額のお手入れ費用と腕の立つ職人さんによる仕事があってこそ。
別格のケースですけどね。(;^_^A
(画像はお借りしました。m(__)m)


雑草が嫌だからと言って、
全部をコンクリートで固めるとか、そこまでしたくない・・・
のも本音。


でも、
植栽を
負の遺産
にしてはいけません。


お手入れには、お金も労力も掛かります。
自分でやるにしろ、
プロにお願いするにしろ、




やり続けられる人だけが責任もってやる。



植物も生き物ですから命を大事にしてあげたいですしね。
ただ、この生き物は、こちらの言うことを聞いてくれないのが難しいところ。


お手上げ状態になった時、
誰かが始末を点けねばならなくなる、
ことを踏まえて
提案する方も、承認する方も決めた方がいいかと思います。


でも、最初はステキにしたい、
であれば、やってもいいです。
自分のことですから。


ただし、
どこかで方向転換をするか、
誰かに引き継ぐか、
そういう時が来ること可能性があるも知っておいて欲しいです。


自分達出来る範囲で、
自分も植物もお互いが心地よくいられる量を見極めること、
これを忘れないようにしたいですね。


どうせなら、
ずっと好きでいたいじゃないですか。




☆スタジオエンネのHPは、こちらからどうぞ!☆
☆エンネのツイッターはこちらからどうぞ! → studioenne 



[PR]
by enne009 | 2018-11-27 10:58 | 快適への道 | Comments(0)

お気楽ライフを楽しむ家。


by enne009
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31