真摯にしたたかに、そしてあたたかい人間力。(業界スゴイ人列伝その4)

昨夜北海道から帰ってきました。

北海道は寒かったですけど、
噂通りどこも室内が暖かく、
予想よりはるかに皆さん薄着でした。

これについては、また次回とします。

私がお邪魔した3日間は、強烈な寒さではなく
比較的過ごしやすかったこともあるかと思いますが、

今週末からは、最低外気温が-26℃(!)になるという・・・

やはり桁違いの寒さですね・・・(ーー;)



今回の北海道行きの大きな目的は
北見の工務店、




の社長である


「大平邦夫社長」


にお目に掛かることでした。


e0390497_11341086.jpg

エボホームさんの作業場兼倉庫。
実際に拝見すると、中もスゴイです。(汗)


大平社長は工務店業界で良く知られた有名人です。


決して媚を売ることがない直球発言の数々、
家づくりという仕事への強い信念と自負、
社長のいかついイメージ(失礼!)とは真反対の可愛くチャーミングな家。


以前から、一度ぜひお目に掛かってお話を聞きたいな、と
思っていて、
真冬の北海道を体験したいことと合わせてお願いを申し上げたところ、
快くご了承を頂きました。


いや、予想以上のスゴイ人でした。
はい。


数件のお客様宅を拝見させて頂いた際、
在宅の奥様にお話をお聞きすることが出来たのですが、


e0390497_11340561.jpg
旭川の平家の一部。
擬木の白樺の出来栄えが可愛いんですが、これはスゴ技!
春には喫茶店としてオープン(明確な時期は未定)とのこと。



ある奥様がこうおっしゃっいました。




「大平さんは、


女性をバカにしなかった。」



家を建てようと決めたその奥様は、
早くに旦那様を亡くされていたため、
ご自分お一人でいろんな会社の見学会を廻られたそうです。


ほとんどの会社は、女性一人であること、
女性というだけで軽んじているのが丸わかりだった、
でも、大平さんだけは違った。



特に丁重に扱われたわけでもないけど、
アナタわかるでしょ?



はい、分かります。



そうなんですよね、
口は悪いし(笑)、媚も売らないし、紳士風情でもない。


しかし、
真摯に建築に向き合い、
現場とそこに関わる職人さんたちを何よりも大事にしてきた
大平社長とエボホームの家の在りようは
自ずと伝わります。



大平社長自らが作るエボホームオリジナルキッチンと洗面化粧台。


e0390497_11341510.jpg


e0390497_11341981.jpg


全部社長自らの手作りです。



どこの奥様も大満足、とっても嬉しくて、とおっしゃっていたのが印象的でした。
ま、そりゃそうだ。
これは心躍るキッチンですわ。



エボホームの作る家は、
まさに本物の





”手作り”の家、




しかし、頑固なまでに現場に真摯に向き合い
それが上手く行っていると
自分のスタイルに固執して、
新規なものを排除する傾向になりがちなんですが、



高気密高断熱にはこれだと、いち早くツーバイフォーに転換したこと、
(他にも理由はあったようですが)

今の自社に全く必要はないけど、
いずれこうなるしやったものだけが批判も出来ると、
大型パネルにチャレンジしたこと、
やるからにはと、
東京まで大工さん(社員)を伴って(←ここ重要)足を運び実際を確認する、


e0390497_11342467.jpg

直近で北海道住宅新聞の一面に取り上げられた、大型パネルによるエボホームの建て方の様子。↑



各種設備機器類も独自の判断んで選択採用し
3.11の際も、
去年のブラックアウト時にも功を奏したこと、



独自の感覚で動き、やり続けているのは、
すなわち、考え方の基本に「お客」(あえて様なし)のためには
どうあればいいか、
があるから。


これまたイメージを裏切る(失礼!)可愛い雑貨屋さんも
新規客獲得のためではなく、
エボホームのお客様に気軽に来てもらって
といつまでも繋がっているためとのこと。




真摯に、そしてしたたかに。



決してきれいごとや言い訳を言わず、
地道にやるべきををやり、言いたいことは言う。
歯に衣は着せないけど偉ぶることはない。



実績に裏打ちされた本当の自信と、
言葉に責任が持てて初めて出来ること。



先の奥様が一瞬で感じたように、
分かってしまうんですよね~・・・



最後は私のお悩み相談のようになってしまいましたが(汗)
説教なし、
諭すわけでなし、
オレ流を振りかざしての批判(ダメだし)無し、
ただ自分の考えを述べる大平さん・・・



マジすごいわ。(;^ω^)



いちいち納得のお話の数々に深く頷きながら、
痛感したのは、



これは、真似が出来ない・・・。



ということ。


仕事の立ち位置も違えば、
成り立ちも全く違うわけですが、
そういうことを別にしても、
大平邦夫という人の大きな人間力と器があってこそのこと。



でも、
一番の根底にあるのは、
あたたかさなんですよね。



無駄な資料がなく(今まで拝見した事務所の中で最も少ない量だったかも?!)
整理整頓がされた事務所。
机周りを見ただけで、クレバーな方だと分かります。



最後に、こちらをご紹介。



e0390497_11342936.jpg



20年前の創業以来ずっと着実にやり続けていらっしゃる点検の記録です。
メンテナンスこそ言うは易し、行うは難し。
本当に責任を持つとはどういうことか。



真摯なだけでも、
したたかなだけでも
ましてや温かいだけが
大平さんではないのです。



何から何まで、本当に有難うございました。



また行かせてくださーーーい!



<おまけ>

北海道の食が美味しいのは分かっていたことでしたが、
北見がこんなに美味しいものだらけとは!!


初日に連れて行ってもらった焼肉(広島で見る焼肉とはちょっと違います)の
写真を撮り忘れたのが痛恨の極み。


お肉が有名とは知らず、あまりにも絶品なのにビックリ、
たまねぎだけでも超絶美味しい!


e0390497_11344542.jpg

北海道と言えば、海産物!
新鮮そのもの、美味しい~~~~!



e0390497_11344865.jpg

広島のものとは違う柔らかくて旨味が濃い牡蠣。
めちゃくちゃ美味しい!
しかし、この牡蠣が出る前に調子こいて食べすぎており
1個しか食べられず・・・(泣)



回転寿司(トリトン)でこのクォリティですから。
・・・


e0390497_11345125.jpg


e0390497_11345512.jpg

広島でお目に掛かるネタの倍の厚みですわ。



大平さんが予約をして下さったお陰でご対面出来た「流氷」。
本来はもっとすごいそうですけど、
広島人には十分感激でした。



e0390497_11344031.jpg


北海道は日本(内地)と風景もかなり雰囲気が違いますよね。
アジア各地からの観光客の多さも目のあたりにしてビックリ。



e0390497_11343605.jpg

広がる大地とオホーツク海。
北海道だな~~~・・・。


あー、また行きたい!!!




☆スタジオエンネのHPは、こちらからどうぞ!☆
☆エンネのツイッターはこちらからどうぞ! → studioenne 



by enne009 | 2019-02-07 11:48 | 業界スゴイ人列伝 | Comments(0)

お気楽ライフを楽しむ家。


by enne009
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28