人気ブログランキング |

大分県に行ってきました。(佐伯広域森林組合)

しばらく間が開いてしまい、失礼致しました!

今朝の東広島市は、-3℃。
寒い~~・・・。

あと半月すると3月ですね。

3月に入ると、勝手に春近し!なイメージがあって
待ち遠しいです。
(花粉症の方には嬉しくないですね)



さて、北海道編をちょっとお休みさせて頂き・・・


昨日、一昨日と、大分県に行ってきました。
去年、大型パネルの建て方現場を見学させて頂いたご縁があって




にお邪魔してきました。


e0390497_09041264.jpg

去年の10月に、
大型パネルによる建て方現場を見学させて頂いたご縁があり
今回の訪問となりました。


e0390497_09041001.jpg
いろんな建築業界の方に混じって見学。


e0390497_09040576.jpg




いや、スゴイ機械が木材を板、柱等々を作り上げるんですね。

山の現状はなかなか厳しく、シビアでリアルなお話に深く考えさせられました。

そんな中、佐伯さんの活動は基本に忠実でありつつ先進的です。

伐採からきちんと植林を行い、資源の循環を守ろうと地道に真摯に取り組まれていて、


「地域材パネル」


という名で、自らの材を使い、
大型パネルをオリジナル化して製作されています。


この度、私が訪問させてもらった理由は、こちら。


e0390497_09041444.jpg


大型パネルを採用した経験談をお話することでした。




e0390497_09041610.jpg



こちらは、佐伯さんの工場の写真です。
安全について細かく書かれ掲示されていますね。

工場って、どこも同じように




「安全第一」



を徹底するよう繰り返しうるさく?告知されています。


ちょっとした怪我でも、ラインが全て止まってしまいますし、
責任者は重大な罰を受けることもあります。




「品質」



とは、製品だけでなく現場も含まれるんですよね。


佐伯さんの工場のようにずっと同じところにいるのではない
建築現場の「安全第一」は、
より難しいはずです。


重量化する一方の建材が増えてきて、
持ったり設置するにあたり、生身の人間による現場作業では
困難になりつつあります。


でも、品質はより高くあるよう求められており、
この傾向は今後、後退することはないでしょう。


怪我をしてしまう本人も、
させてしまった監理者も、
現場を最終的に受け取る発注者も、


リスク


を考慮した上で選択をせねばなりません。


大型パネルを採用する理由は、
職人さん不足や、安定した精度を求めるだけではないんです。


いい仕事をして喜んで受け取っていために。


現実をシビアに見つめつつ、
都度、選択をしていかねばなりません。



<おまけ>

いや~、大分も美味しいものだらけ!!!


e0390497_09041871.jpg

カブトガニ?
いや、違います。

エビなんですよねーー!

初めて見て、初めて食しましたが、
確かに、エビです。(笑)美味しい!!

身離れも良くて食べやすいのもGOOD☆


e0390497_09042057.jpg

大分の牛肉っ!!

これまた、美味しい!!!!!

特にタンが最高でしたよ☆☆☆☆☆


このお店の前に、一次会で超美味しいお刺身を頂いたのですが、

例によって?一心不乱に食べてしまい、
画像無し・・・


大分県も本当にいいところだなー。
人も良し、食べ物も、風景もよし。


今度は、温泉も立ち寄りたいから、
ゆっくりと行きたいな。


皆様、何から何までお世話様になり、
本当に有難うございました!!





☆スタジオエンネのHPは、こちらからどうぞ!☆
☆エンネのツイッターはこちらからどうぞ! → studioenne 



by enne009 | 2019-02-15 09:27 | 快適への道 | Comments(0)

お気楽ライフを楽しむ家。


by enne009
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30