人気ブログランキング |

夏の過ごし方。(その1)

梅雨らしく朝から雨が降っています。

当たり前ですけど、湿度が高いのが困りもん。

洗濯物乾燥と除湿のため、除湿器が大活躍中です。



さて、梅雨明けの予想が7月終わりということで、
あと2週間ほどで猛暑がやって来そうです。


梅雨は湿気が・・・
猛暑は暑いのが・・・
冬は寒いのが・・・


と、年中不平不満が尽きない私ですが、
(すみません!)
だからこそ!悩ましい時期をいかに快適に過ごせるか?!に
取り組んでいるわけです。


はい!(*^^)v


先ずは、今、そしてすぐにやってくる
梅雨時期~夏にかけてです。


梅雨時期をどうするかって、意外と難しくないですね。


というのも、外が雨の時、
基本的には窓を開けず、
洗濯物も、外干しは乾かないため室内で干されている方も
多いと思います。


え?


窓を開ける?(@_@)


・・・・・


そうなんですよね。
実は、窓を開けて外気を取り込むのがお好きな方は
とても多いんです。


梅雨時期であろうが、
猛暑の真夏であろうが、
むっとする室内の空気を排出させ、フレッシュな外気を取り込むことが
”気分的に”スッキリする方が依然として多いようにお見受けます。




窓を開けて空気の入れ替え



は、冷静に考えてどうなんでしょう?


入れ替えるということは、
新鮮できれいな外気 + 涼しくなる
を期待してのことだと思われますが、


実際、外気ってそうなんでしょうか?


e0390497_08593626.jpg

こちらは、YKKAPのHPを開くと
トップに出てくる画像である、
APW430」(高性能トリプルガラス樹脂窓)
の広告イメージ画像です。


さすがはYKKAP、
高性能窓のトップランナーだけあって、ツボを押さえてあります。


そう、この画像のポイントは、




窓が開いていない(閉まったまま)


ことです。


決して、イケメン俳優の福士蒼汰さんやネコちゃんではありません。
(そこも好きだけど。)


また、コピーが上手いですね~!
コピーライターさん、GJ!



「窓はあたらしい暮らしの入り口



あたらしい空気(外気)の入り口でない点が、的を得ていますワ。



外気がどういうものか、
シビアに考えてみると、



ほぼ通年で
アレルゲンとなる花粉やホコリ、土ぼこり(自然豊かなところほど多い)、
排気ガス、騒音(街中ほど多い)、


真夏は
アスファルトで熱せられ40度超の熱気となり、
湿度は70%超が続く
いろんな虫・・・


冬には、病気の原因となるウイルスもたくさんありそう・・・


つまり、
窓を開けて外気を取り入れるって、
このような外気を室内に入れるわけですが
良くなさそうですよね。


あと、
外気と室内の空気を入れ替えて、
尚且つ
空気清浄機を稼働させていませんか?!


良く利用するyoutubeで流れてくる広告に、
ダイ〇ンの空気清浄機があります。


どうもタワーマンション在住と見られる家族が、
空気の入れ替えに躊躇し、
空気清浄機を使う、というものですが、
このCMも、さすがに現状を押さえてあるなー、
と感心して見ています。
(最後まで見ないけど・・・)


タワーマンション(超一等地=交通量も多い=排気ガスや騒音が多い)でなくても、
外気が適切にフレッシュであるとは言えないのが、リアルな現状でしょう。


前置きが長かったですが、
梅雨時期から真夏が終わるまでの適切な過ごし方として



窓を開けない


ことをおススメします。


YKKAPのCMのように、
今や窓は、

外気の取り入れ口ではなく

日射のコントロール、
光と風景の取り入れ、
熱を入れない・出さない、
役目として存在します。


これらは、
温度湿度のコントロール=快適性+省エネ
のためです。


じゃ、窓を開けずにどうやって室内の快適性を得るかというと、
換気システムとエアコン
によって得られます。


外気の取り入れは、
適量が計算された換気システムで行うことが出来ます。


特に、「冷やす」ことはエアコン(冷房)しか出来ません。


エアコンの風がどうも苦手で・・・
とおっしゃる方が多いのも重々承知しておりますが、
ぜひ、身体に直接風を当てないよう
風向を工夫するなどしてやってみて下さい。


外気を取り入れることで
高温(真夏は35℃超?)多湿になった外気と室内に取り入れて
更なる室温上昇を招き、
室内で熱中症になる危険性もあります。



”気分を良くしたいから”外気を取り込む
ことが、
かえって健康を損なうリスクもあるかもしれません。



梅雨時期~真夏は
窓を出来るだけ開けず
室内のエアコン冷房を(緩く)稼働させて下さい。


そうすると、室温が下がり、湿度も下がります。


あと、日射を遮るとかもありますが、
またおいおいお伝えしていこうと思います。





☆スタジオエンネのHPは、こちらからどうぞ!☆
☆エンネのツイッターはこちらからどうぞ! → studioenne 



by enne009 | 2019-07-11 09:38 | 快適への道 | Comments(0)

お気楽ライフを楽しむ家。


by enne009