人気ブログランキング |

夏の過ごし方。(その2)

昨日は、午後から雨が上がって傘が不要でした。

今朝は、日差しもあり、蒸し暑さはありますが、
梅雨の晴れ間が期待できそうです。

と書いていたら・・・
早速曇ってきましたが・・・(^^;

梅雨は特に天気が変わりやすいですね。



さて、昨日の続きです。

梅雨から夏にかけての過ごし方として、



窓を開けない


ことをおススメしました。

これって、開けることによるデメリットをお伝えしても
なかなか受け入れがたいと感じる方も多く、

どうしても外気が好ましく”感じられ”、
窓を開けての「通風」が、
夏の過ごし方として身についていらっしゃる方が多いようです。


e0390497_09405672.jpg

こちらのグラフは、平成30年(去年)の熱中症による救急搬送が発生した場所を
示したものです。


なんと、青い部分 = 40.8%は、住居(敷地内全て) なんですねー。

2番目が、赤い部分の10.8%で、仕事場(道路工事現場など)ですから
圧倒的に家の中が多いことが分かります。


イメージとしては、工事現場・スポーツの場などではないかと思うのですが、
実際はこうなんです。


風が好き、外気が好ましくて、
室内の淀んだ蒸し暑くなった空気を外気で清浄したい、
涼しくしたい、
”自然にあるものが好ましい”という
気分的なことから、
通風を好まれる方も多いかと思いますが、


もうひとつ、



通風は、無料だから


があるのではないかと、密かに感じています。


エアコン冷房は電気代が発生します。


エネルギーコストは、
家計の中でも節約すべきものの筆頭にあがるものではないかと
私は感じているのですが、
そりゃ、支払いが少ないに越したことはないですよね。


冷房コストって、暖房より全然安いんですよー!(冷房 < 暖房)


と言っても、さひど響かないのは、
電気代が多い少ないではなく、
そもそもない方がいいから、


がリアルなお気持ちでしょう。
(私も同じです。はい。)


さすがに、
熱中症になってもいいからエアコン冷房で電気代を消費したくない
まではないでしょうから、(^^;


電気代が少なくて済む涼しさが得られればOK


ですよね。


しかも、エアコンの風が苦手な方にも大丈夫な涼しさで。


建築済のお住まいにはちょっと難しいので申し訳ないのですが、
(大規模リフォームで出来ないことはないですが)
これからお住まいの新築、およびリニューアルをお考えの方に、




「高断熱高気密



換気システム



+全館冷暖房」



をおススメします。


心地よくひんやり涼しくて、
電気代へのストレスが少なくて済む、


のは、
建築をそれが出来るように作るしか”手段”がありません。


上記のグラフにあるように
家で健康を害することももちろんあってはなりませんが、
せっかく作る新しい家で、
我慢してケチって暮らし”続ける”のも
なんだか切ないですよね。


望まない不快な状態では、ケチろうかと思ってしまうのも
致し方ないかも。


きっと、多くの皆さんは、
そもそも心地よくて省エネも出来る状態そのものを、
どうすれば出来るのかを、
ご存じないだけではないかと思うんです。


力不足ではありますが、
私のブログで少しでも興味を持って頂けると、
嬉しいですね。





☆スタジオエンネのHPは、こちらからどうぞ!☆
☆エンネのツイッターはこちらからどうぞ! → studioenne 



by enne009 | 2019-07-12 10:16 | 快適への道 | Comments(0)

お気楽ライフを楽しむ家。


by enne009