人気ブログランキング |

豊かさ、って何だろう?(その2)

昨日小雨模様から曇り、日差しがさしたりと
変わりやすいお天気でした。

荷物が増えるのが嬉しくないため、
普段はバッグ内に携帯していませんが、
やはり、小さな折り畳み傘って必要ですね。

去年、出張先で何度か予想外の雨天に遭遇して
痛感しました。



さて、豊かさの続きです。


家を作る際に、冷暖房は必須と分かっていても
手段と方法、そして肝心の


どういう状態


が望ましいのか、が分からない。



豊かさ、って何だろう?(その2)_e0390497_07021854.jpg

広々空間は誰もが望む豊かさ。↑



お客様も、作り手も分からないため
見知った設備(エアコンが多い)やってしまいます。


最近は、作り手側に
全館空調(換気+冷暖房)の意識を持っている会社さんも
増えていて、
もしかすると、
特別なシステムのご提案をされたことがあるかも?
しれませんね。


一体、何がいいのか?


これは、お客様だけでなく
作り手も分からずに悩んでいるんです。


広島だと、北海道やドイツの基準ではやり過ぎ?
な気がするし、
どこまでやればいいのでしょうか?


こういう質問を業界の方から私が受けるくらい
ですからね。


この質問の中には、
周りに遅れてはいけないけど、
やり過ぎてコストアップになると受け入れてもらえないかも?
または無駄なことをやってもね、、、


私がお伝えする答え?は、


一年を通じて家中が大きな温度差なし
冷房暖房共に全ての部屋に行き渡る
気流なし(ほとんど感じない)
音も至って静か
設備の数は最小限
でもって、省エネがであればなおよし。



にしたい、ということです。



これを実現するには、
外皮はどのくらい断熱すれば良いか、
換気は何を選択すれば良いか、
冷暖房機器は何が良いか、


大体、決まってきます。


求める状態から逆算するわけですね。



求める状態とは、問題意識でもあります。


なので、
そもそも解決したい課題がはっきりしていること
が、結果を導く大前提となります。


豊かの意味を”見えること限定”(全てといってもいいかも)としていると
見えない課題に鈍感になるもかもしれません。


というのが、暮らし始めて実感するのは、
造形としては見えない部分が自分を左右する、ということです。


豊かさ、って何だろう?(その2)_e0390497_07022159.jpg



続きます。



☆スタジオエンネのHPは、こちらからどうぞ!☆
☆エンネのツイッターはこちらからどうぞ! → studioenne 



by enne009 | 2020-01-08 14:22 | 快適への道 | Comments(0)

お気楽ライフを楽しむ家。


by enne009
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31