人気ブログランキング |

豊かさ、って何だろう?(その3)

今朝はいいお天気ですね。
例年なら既に雪の日があっていいのですが、
今年は今のところ雪が降っていません。

週間天気予報を見ても、そこそこ暖かい気温予想ですから
暖冬ってことでしょうか。



さて、続きです。



家づくりを考え始めた方が、とりあえず最初にビジュアルイメージから入る
ことは容易に想像がつきます。


自分の感性に合った視覚的デザインが欲しいのは当たり前ですから。


ここならセンスよさそう!


とピックアップした会社(もしくは事務所)が、
温熱環境(暖かい、寒い、湿度等から作られる室内温度湿度環境のこと)に造詣が深く、
とまでいかなくとも、


イマドキのことですから、普通に興味があり、
自分がクリエイトする創造的空間がどんな状況を作り出すのか、
が予測がつく人(担当者)であればOKです。


しかし、まったく興味の範疇外であった場合、
どうなのでしょうか?



「断熱気密とか、不要です。」


と、
きっぱりと言い切る建築家の先生や工務店スタッフ、工務店社長に何度も出会いましたので
確実に存在していらっしゃいます。


ここで、工務店とわざわざ書いたのには訳があり、
有名ハウスメーカーさんは世の中の動向に敏感なため、
興味がないとおっしゃる方はまれ、
むしろ話が通じます。
(レベル、度合いは様々としても)



お客様自身がそれ(良好な温熱環境)を求めていない場合でも
知っていれば、提案ができます。


提案を受け入れるかどうかは、その方自身のご判断ですからね。




しかし、全く興味がなく手段も方法も知らず、知ろうとする気もない。



場合は、そこまで・・・・・。
というか、



むしろ、
お客様がこんなのあるんですか?と聞いても、



豊かさ、って何だろう?(その3)_e0390497_11370030.jpg



はあ?!
ここは広島ですよ?!
北海道じゃありません!

今までずっとこれでやってきて何の問題もないです、

その分の予算で(窓・断熱気密材等の増額であろう部分)、
〇〇(建築的見せ場、またはご要望)がなくなりますがいいですか?!



などと、言われたりします。



こうなると、まあ、問題がないそうならいいか・・・。
〇〇は絶対に欲しいもんな。



そして、Ua値が1.0近辺、よくて0.7(ZEH補助金ももらえないレベル・・・)とかの家が出来上がるのでしょうか?!



余談ですが、長期優良住宅や、ZEHだって、
コストアップの容認が難しいであろうこと、
めんどくさくなることを理由に反対されることもあるらしいですから。



結局、



作り手側が知らない



ことが貧しい温熱環境ができてしまう大きな理由である、と私は思います。



何を知らないのか?ですが、



温熱環境がよくなった状態を経験したことがない



のではないかと、思うわけです。



豊かであること、リッチの解釈において、視覚的要素の割合がほぼすべて。



そういう作り手を選択された場合、
全館冷暖房換気の実現など、申し訳ないですけど、ほぼ無理でしょう。



特に知らなかった、望んでもいなかったけど、
たまたま当たった人、会社がススメてくれた、
考えを変えるきっかけになった、



その結果、どうなるかはご相談次第ですよね。
しかし、ここで大きく違うのは、よくよく知った上で選択ができるということです。



運任せ?のようなことを書きましたが、
作り手側の責任って、本当に大きい。



つくづくそう思います。



続きます!




☆スタジオエンネのHPは、こちらからどうぞ!☆
☆エンネのツイッターはこちらからどうぞ! → studioenne 



by enne009 | 2020-01-11 11:41 | 快適への道 | Comments(0)

お気楽ライフを楽しむ家。


by enne009
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31