人気ブログランキング | 話題のタグを見る

手段と目的を間違えないようにしよう。

今日は昨日から続いた雨天の影響からか、曇りですね。

外気温は東広島市で、ほぼ終日15度程度と
安定しつつも、肌寒いです。

本当に、お天気、自然は人の思うようになりません。
当たり前ですが・・・。



さて、早いもので週明けは4月に入りますね。

1年の4分の1が過ぎてしまったわけです。

4月って新しいスタートの時期でもあるので、
こんな時ではありますが
ちょっぴりウキウキします。

で、このブログも久しぶりに
4月1日からタイトルを変えて新しい内容でスタートします!

家づくりに関する内容であることは変わりありませんので、
お気に入りに登録を頂いている方は、
タイトル変更にご注意いただければ、と思います。


お楽しみにしてくださいね。


家づくりをご検討中の方にお目にかかると


「〇〇工法ってどうですかね?」

「高気密高断熱の場合、断熱材って何がいいんですか?」

「〇〇システム(冷暖房等)はどう思いますか?」


と、聞かれることも多いです。


が、実はこれらの質問は、
目的が定まった後、最終段階で検討すべき内容なんですよね。




目的 = 欲しいものは何か?



ここをキッチリ定めることが先決。



省エネ(安く暮らせること)なのか?

快適(暑い寒いを軽減する)なのか?

両方実現したいのか?

そんなことより、オシャレ♡なのか?



ま、もちろん全てが叶うのが一番いいですね。



この中で最も分かりにくいのは、


「快適」


ではないでしょうか?


快適は、状態を示すためリアルに体験ができない場合
想像の範疇でしかないわけです。


省エネは金銭的な安さ、
オシャレは目に見える、



分かりやすいですよね。


オシャレは感覚に個人差がありますが、見えることによって
判断がしやすいのです。



暑くなく、寒くない、家が実現するらしい。



となると、どれどれ?と興味津々になるのですが、
多くの場合、
ナントカ工法(システム)、設計手法だったりが推奨されていて
それさえ導入すれば暑くなくて寒く無い家が出来る!
ように感じるかもしれません。



暑くない、寒くない


って、どういう状態こと?



エアコン一台で家中が(ほぼ)同じ温度です!



といっても、
部屋が仕切られていたりすると、本当にエアコンの冷気(または暖気)は
ちゃんと部屋に届くのか?


トイレも脱衣の”家中”のうちだけど、ちゃんと涼しくて暖かくなる?!


計算上は一台のエアコンの能力でカバーできることになっていても、
リアルな現実はどうでしょうか?



トイレ、脱衣室って人が使う際に、
どういう状態で使用するか・・・ですが、
決して広くはないここをちゃんと涼しく暖かく出来るの?



暖房って、実はそう難しくないんですよ。



本当に難しいのは冷房。



どれほど日射を遮ろうとも、
建築物だけで”涼しくすること”は出来ません。



涼しくする(冷やす)のは、エアコン冷房一択。



日射遮蔽は涼しくするための”手段”の一つにすぎず、
”目的”ではないからです。



ナントカシステムも、あくまでも手段です。



目的とは、最終的に得たい”状態”ではないでしょうか?



LDKは無論のこと、
トイレも、脱衣室も、
個室化している寝室や、各々の部屋も、
全てが概ね快適といえる状態にすること、
など、
手に入れたい状態
をきちんと定めることで、


目的に達するための適切な手段を講じることが出来ます。


最新式設備や、何だか素敵そうな建築手法、
これらも、手段です。


手段から入ると、適切な目的にたどり着けないかもしれません。



「安くは暮らせるけど、快適にはならなかった 。」



案外と多いのは、これ。



自然のエネルギーに期待しすぎもお勧めしません。



特にこれから外気温が上昇し、
それに伴って湿度も上昇します。



真夏のクソ暑い時に、
窓を開けて通風しましょう!
は、本当にクソ。(失礼!)



高温多湿の外気を室内に入れてしまっては
冷房エネルギーをよりたくさん使用することになってしまい、
省エネ的にも逆効果なんですよね。



また、カビの原因を作ってしまうことになりかねません。



手法、システム、イメージに”気分を持っていかれる”



目的をしっかり見定めてから
手段を選択しましょう。



建築は複合的要素で成り立っています。
たった一つの設備や、設計手段で解決できるほど甘くないのです。


手段と目的を間違えないようにしよう。_e0390497_13463302.jpg

屋根材型太陽光発電”エコテクノルーフ”(ようは発電するガラスの屋根材)
二重の設置も省き、今後屋根の吹き替えは不要。


手段と目的を間違えないようにしよう。_e0390497_13463883.jpg
手段と目的を間違えないようにしよう。_e0390497_13463648.jpg

職にんさんたちがせっせと手仕事で充填してくださった断熱。


手段と目的を間違えないようにしよう。_e0390497_13464171.jpg
大型パネルによる躯体施工。
窓(大部分が樹脂サッシトリプルガラス)や耐力壁を工場で事前施工することにより精度が格段に向上。

現場の重労働もごみの発生も大幅減、
工期も大幅に短縮できました。


手段と目的を間違えないようにしよう。_e0390497_13464003.jpg

RKDR-KS (全熱交換型換気システム) + エアコンによる個室に対応した全館換気冷暖房。
効き目は予想通り。
こちらも、現場で職人さんたちが丁寧に施工をしてくださったお陰様です。



施工を担当頂く工務店さん、
現場に携わってくださった皆さん、
設備等機器類のご提案を頂いた会社さん担当者さん
いつも本当に有難うございます!


以上の画像は全て目的のために選択した手段にすぎません。
結果を定めて取り組んだ
結果が、本当に欲しかったもの。



では、皆様、
4月1日からタイトルが新しくなりますので、
引き続き(ぼちぼち更新で恐縮ながら)よろしくお願い致します!



皆様に素敵な春の訪れがあることを願っています。





☆スタジオエンネのHPは、こちらからどうぞ!☆
☆エンネのツイッターはこちらからどうぞ! → studioenne 



by enne009 | 2020-03-28 14:00 | お知らせ | Comments(0)

身軽に暮らせる家を提案します。


by enne009
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31