人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ZEHは自分たちを守る家。(最終回)

梅雨の晴れ間でいいお天気が続きます。
てか、毎日暑いですよね。(汗)


日焼け止め、日傘、UVカット素材の洋服着用など
もう既に夏本番さながらです。


子供の頃あれほど大好きだった夏ですが、
この年になると夏は最も苦手な季節となってしまい、早く秋になることを望んでおります・・・。




さて、ZEHについての最終回です。


お天気のいい日が続くと、太陽光発電が順調だろうなあ・・・と思いつつ
外の日射を眺める私ですが、


高効率設備は省エネに欠かせないアイテムでZEH(ゼロエネルギー住宅)には必須です。


代表的な高効率設備は、
「太陽熱温水器」
「エコキュート」(電気)
「エコジョーズ」(ガス)
でしょうか。


これらを見てお気づきのことと思いますが、
全て、給湯設備であることが分かりますね。


ZEHは自分たちを守る家。(最終回)_e0390497_11063293.jpg


この資源エネルギー庁の資料でもお分かりのように、
エネルギー消費量の全体は増大の一途ですが、
家庭で消費するエネルギーで給湯の占める”割合”って、時代が変わっても変わらず大きいわけです。
(動力が増えていることにも注目。)


ということは、給湯に注意するとは省エネ効果がとても高いってことでもあって
給湯の省エネ効果をさらに高めるために、「高断熱浴槽」や「節湯水栓」もあります。


高性能な外皮と創エネ(PV等)が大きいとはいえ
こういった設備に関する部分の積み重ねによって、トータルでZEHが達成されるわけです。


余談ですが、
ZEHや、低炭素、長期優良住宅の認定提出の準備をすると
各メーカーさんの取り組み姿勢が分かります。


「自己宣言書」がHPに掲載があるところとそうでないところがあって
ないメーカーに対し依頼の手間だけでイラっとくるのは私だけでしょうか。


その点、窓メーカーは情報掲載が素晴らしいですね。
いつも助かってます。


ZEHは自分たちを守る家


上昇するであろう電気代
働き方が変わりつつありそれに伴うエネルギーの自家消費量増の予想
コストアップ分を補助金で賄える可能性
ほぼ毎日使用する家庭のエネルギー(電気・給湯等)を抑える
高性能化により快適性も確保する


メリットがたくさんある中で
この中で最もメリットが大きいのは、
上昇する電気代に備えること、ではないかと思います。


電気代が何倍になろうが無関係、な方は別として、
上昇を懸念して”我慢する”選択をしなくていい、ことが大事なんです。


今後世の中がどのように変化しようと
備えあれば憂いなし
は変わらないのではないかと考えます。


これから住宅建築をお考えの方は、ぜひ、ZEHをご検討頂き、
変化に対応できる家づくりにして頂きたいですね。





by enne009 | 2021-06-08 11:04 | 快適への道 | Comments(0)

身軽に暮らせる家を提案します。


by enne009
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31